ZEB

ZEBという言葉はZero Energy Buildingの頭文字を取って誕生しました。日本語では「ネット・ゼロ・エネルギー・ビル」や「ゼロエネルギービル」などと訳されています。従来型のビルとは比較できないほど環境に優しいビルとなっていて、国も経済産業省を中心に積極的な実証研究を続けています。

一次エネルギー消費量をゼロに

ZEBの仕組み
(イラスト出典:三建設備

ビルの中で人が仕事や業務をしているため、ビル内のエネルギー使用量を完全にゼロにすることはできませんが、ZEBは「一次エネルギーの正味(ネット)でほぼゼロにすること」を意味しています。これは消費エネルギー量と同量のエネルギーをビル内で生産することによって達成可能(消費分と生産分を相殺)となります。

なお、一次エネルギーとは自然に存在しているエネルギーのことです。化石燃料のような枯渇性のものも、太陽光のような再生可能のものも含まれます。普段私たちが使っている都市ガスや電力などは加工された二次エネルギーですが、それを省エネすることが一次エネルギーの使用量削減にもつながります。

ちなみに、経済産業省は2030年を目安に全ての新築ビルをZEB化することを提言していて、まだZEBの実用化までの道のりは長いですが、既にエネルギー最適化を目的としてBEMSを導入したスマートビルは存在しています。「BEMSとFEMSの仕組み」や「スマートビルの特徴とメリットデメリット」もご参照ください。

具体的な手法

ZEBを実現するためには大きく分けて2つの手段があります。1つは「省エネを進めてエネルギー消費量を減らすこと」です。もう1つは「発電設備を導入して発電量を増やすこと」です。どちらの手段もZEBを実現させるためには欠かすことはできません。省エネも創エネも非常に重要なポイントとなっています。

主な省エネ方法 主な発電方法
BEMSの導入 燃料電池
採光方法の工夫 風力発電
換気方法の工夫 太陽光発電
照明や空調設備の最適化 太陽熱発電
地中熱利用ヒートポンプの導入 コージェネレーションシステム

導入事例

ZEBに向けて様々な設備の導入を行っている施設をご紹介します。どちらも公式サイトに詳しい解説が掲載されていますので、そちらもお読み頂ければと思います。

東京ガス アースポート

アースポートに導入されている設備

つくばみらい技術センター

つくばみらい技術センターに導入されている設備