ビルと工場

スマートビルディングやスマートファクトリーという用語を見聞きしたことはありませんでしょうか。前者はスマートビル、後者はスマート工場と表記されることもあります。スマートハウスと比べると言葉そのものの知名度は劣りますが、専用のエネルギー管理システムを導入している次世代型のビルや工場が増えてきています。

概念の解説

まずはスマートビルディングとスマートファクトリーの概念をご紹介したいと思います。前者にはBEMS、後者にはFEMSというエネルギー管理システムが導入されていますので、各システムの解説をします。そして、そのシステムを導入することによるメリットやデメリットなどもまとめてご紹介します。

主な設備

こちらではスマートビルディングやスマートファクトリーに導入されていることの多いエネルギー設備をご紹介します。BEMSとFEMSに関しては上の項目で解説しておりますので、それら以外の設備をピックアップしています。いずれの設備に関しても言えることなのですが、小型化や静音化された家庭用製品も販売されています。