風力発電

ウインドファームと呼ばれるような何機もの風車を稼働させている発電所の場合は別ですが、一機から数機程度の風車を電力の消費地近くに設置することができる風力発電は、一般的に分散型電源に分類されています。風という尽きることのない自然の力を利用しているため、環境に優しいクリーンな発電方法です。

特徴

風力発電の最大の特徴は「風」という自然の力を用いている点です。そのため自然エネルギーを用いた発電とされることもありますし、風は枯渇することがないことから再生可能エネルギーを用いた発電とされることもあります。なお、現状では自然エネルギーも再生可能エネルギーも同義語として使われています。

また、日本は島国で海岸線が長いため、風力を得やすいという点も見逃せません。内陸部と比べると海に面している地域の方が風は吹きやすく、それはつまり風車の羽を回しやすいと言い換えることができます。羽が回る力を発電機に伝えて発電を行うわけですから、風が吹きやすい地域の方が発電量も当然大きくなります。

最近では洋上風力発電の実証研究も進められています。これは従来のように地上に風車を建設するのではなく、海上に建設するタイプの風力発電のことを指します。海上には風を遮るものが何もないため、より多くの風を受けることができるというメリットがあり、今後の風力発電の主流となる可能性も秘めています。

今後の課題

分散型電源として今後の普及に期待がかけられていますが、発電コストを下げるための大きな課題として「風車の耐久性の向上」が挙げられます。小型のものであれば比較的故障しにくいのですが、大型のものになると故障率は上昇します。故障率が上がるとメンテナンスや修理のコストも上がってしまいます。

主な故障原因として、台風や落雷などといった自然災害が挙げられます。もちろん故障しないための様々な工夫が施されていますが、自然災害による故障例は少なくありません。より故障しにくい耐久性の高い風車の開発を進めることで、現状よりも発電コストを抑えることが可能となります。

また、こちらは気象の分野となりますが、風力予測の技術向上も課題の一つです。しっかりと実地調査を行っても、稼働後に風力不足で十分な発電量を得られないということが実際に起きています。難しいことではありますが、風力予測の技術が向上することによって、これらの無駄を省くことができるようになるのです。

電力会社比較

ロゴをクリックすると電力会社公式サイトの風力発電解説ページへ飛びます。保有している発電所や発電の仕組みなどといったコンテンツが主となっています。

電力会社 解説
北海道電力の風力発電 「北海道電力」
風力発電の実証研究に関することや、これまでとこれからの導入量を表したグラフなどを公開しています。課題や問題点にも触れられています。
東北電力の風力発電 「東北電力」
新エネルギーの一つとして風力発電が取り上げられていますが、仕組みや特徴などといった詳しい内容には触れられていません。
東京電力の風力発電 「東京電力」
2000年に八丈島で初めて風力発電を開始した東京電力ですが、現在は洋上風力発電への取り組みが盛んで、詳細を公式サイト上に公開しています。
中部電力の風力発電 「中部電力」
風車で電力を作る仕組みを解説しています。ブレードや発電機などといった基本的な装置だけではなく、ピッチ制御装置やヨー制御装置などといった細かな装置についてもイラストで解説しています。
北陸電力の風力発電 「北陸電力」
同社の管内の風力発電による発電量をグラフで公開しています。特に解説等は掲載されておらず、グラフが主なコンテンツとなっています。
関西電力の風力発電 「関西電力」
環境エネルギー辞典というエネルギー関連の専門用語をまとめているコンテンツがあるのですが、そちらで簡単に風力発電の解説がされています。
中国電力の風力発電 「中国電力」
発電の仕組みだけではなく、風車の種類も色々と紹介されています。各種類の細かい解説はありませんが、イラストで形状を把握することができます。
四国電力の風力発電 「四国電力」
同社が運営している子ども向け学習コンテンツのキッズミュージアムにて、風力発電の仕組みや課題などといった内容が解説されています。
九州電力の風力発電 「九州電力」
他社と比べても内容が充実していておすすめなのが九州電力のページです。普通のイラストだけではなく、マウスを使って動かせるアニメーションや実際の発電所の写真なども公開されています。
沖縄電力の風力発電 「沖縄電力」
宮古島で行われている実証研究の概要と発電の仕組みが一つのページにまとめられています。ちなみに与那国島にも風車が設置されています。

DoCoJapan

当ページでは風力発電の特徴とメリットデメリットに触れていますが、どちらも全てのメリットやデメリットなどに触れているわけではなく、代表的な点を中心に取り上げています。より細かな情報は「DoCoJapan」というサイトで公開していますので、ご興味をお持ちの方は併せてご覧になってみてください。