水力発電

水力発電は火力発電と共に長い歴史を持っている集中型電源です。純粋に水が流れる力だけを利用しているため、再生可能エネルギーを用いた発電方法としても知られています。なお、規模の小さなマイクロ水力発電に関しては分散型電源に含まれることもありますが、こちらのページでは一緒に扱っています。

特徴

水力発電の特徴は、再生可能エネルギーであると同時に蓄電池的な役割を果たすという点です。再生可能エネルギーについての詳しい解説は省略しますが、水力発電では水という枯渇の恐れがない自然のエネルギーを使っていて、更に火力発電のように燃料を必要としないため、二酸化炭素や有害なガスを排出しません。

これだけでも十分に大きなメリットと言えますが、前述の通りもう1つの特徴があります。蓄電池とは電気を溜めておける電池のことを意味しますが、水力発電の中でも揚水式というダムを用いた大規模なタイプのものは、この蓄電池のような性質をもっています。

揚水式は、電力需要の小さな夜間に電力を使って水を汲み上げて、需要の大きい日中に放水して発電をするという仕組みです。蓄電池も同様に夜間に充電して、日中に使用することができます。そのため、揚水式の水力発電は規模の大きな蓄電池のようなものであると言われることがあるのです。

今後の課題

既に多くの場所にダムを設置しているため、これから揚水式のような大規模な水力発電所の建設はあまり見込めません。また、仮に適切な場所が見つかったとしても、ダムを建設するために森林破壊や自然破壊が伴ってしまうため、一般的には大規模発電所の普及はこれ以上進まないとされています。

一方で、同じ水力発電でも普及が期待されているのが、冒頭でもご紹介したマイクロ水力発電です。都心部でも導入することが可能であるため、送電ロスも少なく、そして分散型電源としてのメリットも有しています。ただし、その名前からもお分かりの通り、一機当たりの発電量は少ないです。

これらのメリットとデメリットを踏まえると、マイクロ水力発電の普及と同時に、発電効率と発電量の向上がこれからの課題と言えそうです。

電力会社比較

ロゴをクリックすると電力会社公式サイトの水力発電解説ページへ飛びます。火力発電と同様に古くから日本で行われてきた発電方法ということもあり、ほぼ全ての電力会社が水力発電に関連した内容のページを公開しています。

電力会社 解説
北海道電力の水力発電 「北海道電力」
水力発電とは?と揚水発電とは?という2つの項目で構成されています。前者の項目では水車やダムの種類などの解説を、後者の項目では動くイラスト付きで揚水発電の解説を行っています。
東北電力の水力発電 「東北電力」
水力発電の仕組みを1ページにまとめて解説しています。情報量は豊富ではありませんが、非常に簡潔にまとめられています。ちなみに同社では210もの水力発電所を保有しているとのことです。
東京電力の水力発電 「東京電力」
流れ込み式・調整池式・貯水池式という3つの異なるタイプの紹介をしているほか、工事方法別にダムについても複数の種類を紹介しています。また、小水力発電の解説も画像付きで行われています。
中部電力の水力発電 「中部電力」
他の発電方法についても言えることなのですが、中部電力は他の電力会社と比べても特に解説が丁寧で充実しています。単に仕組みや概要を解説しているだけではなく、関連情報も豊富に揃っています。
北陸電力の水力発電 「北陸電力」
電気ヒストリーという項目で、富山県と石川県と福井県における水力発電所の開発ストーリーを読むことができます。他社にはないユニークなコンテンツで、興味深く読み進めることができます。
関西電力の水力発電 「関西電力」
ペルトン水車・カプラン水車・フランシス水車・バルブ水車という4つの水車の種類をイラスト付きで細かく解説しています。子どもでも理解できるような分かりやすい解説となっています。
中国電力の水力発電 「中国電力」
流込み式・貯水池式・水路式・ダム式・ダム水路式・揚水式といった具合に水力発電を細かく分類して解説をしています。また、中国地方の各県に保有している水力発電所の情報も公開しています。
四国電力の水力発電 「四国電力」
同社が保有する水力発電所は約60あり、地図上でどこに設置されているのかを把握できます。県別にリスト化もされていて、各発電所について認可出力も掲載されています。
九州電力の水力発電 「九州電力」
九州地方の各県(沖縄を除く)のマップが設けられていて、そのマップに水力発電所名と出力が掲載されています。また、揚水発電所の解説ページもあり、そちらで蓄電池との関連性も語られています。
沖縄電力の水力発電 「沖縄電力」
環境行動レポートという資料を沖縄電力は毎年発行していますが、その資料内にて水力発電に触れています。HTMLで見ることもできますし、PDFをダウンロードすることも可能となっています。

DoCoJapan

当ページでは主に揚水式水力発電とマイクロ水力発電の解説を行いましたが、実は他にもいくつかの種類があります。姉妹サイト「DoCoJapan」では各種類の解説をしているほか、都道府県別に発電所の情報もまとめていますので、それらの情報に興味があるという方はぜひチェックしてみてください。