地熱発電

地下深くには地熱と呼ばれる熱源が存在します。その地熱によって発生した蒸気を利用して発電する方法を地熱発電と言います。発電所によってどれだけ深く掘るかは異なりますが、だいたい1,000m~3,000mほど掘削します。火山帯に位置する日本には地熱が豊富に存在していると言われ、今後の展開に期待がかかっています。

特徴

日本は使用する化石燃料のほとんどが海外から輸入していることから、一般的に天然資源の乏しい国とされていますが、そんな日本の強みとなり得るのが地熱発電です。火力発電に必要な天然ガスや石炭などの化石燃料は不要で、純粋に地下深くにある地熱さえあれば発電することができます。

なぜこの地熱が日本の強みになる可能性があるのかというと、それは日本の地熱資源が豊富であるからです。世界的に見ても指折りの地熱大国と言えます。ここ数年で地熱発電に着目したドキュメンタリー番組やドラマなどがいくつも制作されていますので、テレビで見て知っているという方も少なくないのではないでしょうか。

また、地熱は枯渇の心配がない再生可能エネルギーの一種です。私たちが普段何気なく使っているガスや石油などはいずれ使い切ってしまう恐れのある枯渇製エネルギーですので、再生可能であるという点はとても大きなメリットとなります。

今後の課題

このようにメリットの大きな地熱発電ですが、まだ発電所の数はとても少ないです。実は発電所建設の足かせになっている課題がいくつかあります。

1つ目は温泉との兼ね合いです。「地熱発電で利用する地層」と「温泉で利用する地層」は深さが全く異なるのですが、泉質や湯量への影響が全くないと言い切ることができません。温泉街そのものが観光名所として認識されている場合、その影響が死活問題になりかねないため、反対している温泉街が少なくないという状況です。

2つ目は開発コストの問題です。発電所を建設するためには様々な調査が必要となり、調査開始から実際に発電を始めるまでに10年以上の時間がかかります。これだけ時間がかかってしまうと収益化の見通しが立てにくくなってしまい、企業としても積極的に事業として取り組みにくいと言えます。

3つ目は景観の問題です。1つ目の温泉にも関係する可能性があることなのですが、地熱発電所の建設に適している場所は国立公園や国定公園に指定されている場所が多く、法令で開発が制御されてしまいます。また、仮に建設許可が出ても周辺の景観に影響を与えることから、地元からの反発を招く恐れもあります。

電力会社比較

ロゴをクリックすると電力会社公式サイトの地熱発電解説ページへ飛びます。地熱発電所を保有していない電力会社も少なくないことから、公式サイト内でほとんど地熱発電に関係したコンテンツを扱っていないところもあります。

電力会社 解説
北海道電力の地熱発電 「北海道電力」
地熱発電とは?というページで典型的な地熱発電の仕組みをイラスト付きで解説しています。また、同社が運営している森発電所の出力や運転開始日などといった基本情報が公開されています。
東北電力の地熱発電 「東北電力」
子ども向けの広報誌として発行しているウェブマガジン「電気と科学のひろば」の中で温泉と地熱発電について触れています。子ども向けですので、難しい漢字にはふりがながふってあります。
東京電力の地熱発電 「東京電力」
本州から250キロ以上離れた八丈島(東京都に属しています)に地熱発電所を構えています。八丈島に発電所を建設するまでの流れや、発電の仕組みなどといったコンテンツが用意されています。
中部電力の地熱発電 「中部電力」
新エネルギー(再生可能エネルギー)を紹介しているページの中で地熱発電が登場します。文章は一文だけで非常に短いのですが、一緒に掲載されているイラストが分かりやすくなっています。
北陸電力の地熱発電 「北陸電力」
一つ上でご紹介した中部電力と同様に、再生可能エネルギーを紹介しているページ内で触れています。現時点では発電所を持っていませんが、富山県周辺で地熱に関する調査と開発を行っています。
関西電力の地熱発電 「関西電力」
エネルギーや環境についての専門用語をまとめた「環境エネルギー辞典」というコンテンツの中に地熱発電が登場しています。ただし、触れられているのは2行程で、あまり詳しい内容ではありません。
中国電力の地熱発電 「中国電力」
ロゴをクリックすると「火力発電の種類」というページに飛ぶように設定してありますが、そちらのページでちょろっと地熱発電に触れています。
四国電力の地熱発電 「四国電力」
小中高生の授業で役立つようにと、先生用に作られた「授業に役立つデータ集」というコンテンツがあります。こちらで地熱発電の仕組みを解説しています。詳しい解説図付きです。
九州電力の地熱発電 「九州電力」
電力会社の公式サイトの中で、最も地熱発電についてのコンテンツが充実しているのが九州電力です。概要や特徴を詳しく解説しているほか、保有している発電所ごとに紹介ページを設けています。
沖縄電力 「沖縄電力」
同社は地熱発電所を持っていないこともあり、地熱発電に関する記述がほとんどありません。そのため、左のロゴのリンク先は公式サイトのトップページに設定してあります。

DoCoJapan

前述の通り、地熱発電所の数は他の発電方法を用いた発電所の数よりも大幅に少ないのですが、姉妹サイトの「DoCoJapan」では日本にある全ての地熱発電所をご紹介しています。発電規模や所在地などといった基本的な情報が主ですが、地熱発電そのものの解説も充実していますので、ぜひ併せてご覧になってみてください。