電力供給

スマートグリッドを構築する際にしっかりと検討しなくてはならないのが電力供給に関することです。発電効率や災害への対策などを考えて、集中型電源と分散型電源の両方を上手に活用する必要があります。私たちが普段何気なく使っている電力ですが、これからは大規模発電所以外からも電力を融通できるようになります。

集中型電源

現在の主流となっているのは集中型電源です。大規模な火力発電所や水力発電所などが該当します。非常に膨大な量の電力を発電できるため、電力会社は多数の集中型電源を保有しています。なお、スマートグリッドが構築された後も重要な電源であることには変わりはありません。むしろ、いつまでも不可欠な存在と言えます。

分散型電源

少しずつ普及が進んでいるのが分散型電源です。都市内もしくは近郊にある小型の発電所や、一般の建物に設置されている発電装置などが該当します。一機(一ヶ所)の発電量は集中型電源とは比べものになりませんが、電力消費地のすぐそばで発電することができるため、送電ロスが少ないという特徴があります。